祝辞



安倍晋三元総理大臣・岸信夫防衛大臣







【エドワード・ニコラエ・ルトワック (戦略家)】


   樋口季一郎の名は、ユダヤ民族が存続するかぎり記憶され続けることでしよう。ユダヤ人の記憶は2000年の時を超えて、記述された形で生き続けてきたものです。
ユダヤ人の敵は憤怒をこめて記憶に深く刻まれますが、ユダヤ人の友は深い感謝の念をこめて、永遠に記憶されます。
  樋口将軍が直面したのは、単純な決断でした。国境で起きていた事態を知ったとき、幾千人の人々が生存することを助けるために、あらゆる重荷を引き受けるべきか、
それを見過ごすかという決断です。もし彼が日常の軍務を遂行するだけにとどまり、ユダヤ人たちをその運命に委ねたとしても、誰からも咎められなかったでしよう。
しかし、彼は自らを咎めることになると思ったのでしよう。英雄とは、なされるべきことをなす指令を下すことに躊躇することを知らない人たちです。
彼らは喝采を求めることもない。
  皆様とご一緒に樋口季一郎を記憶し続けることは、高い名誉に預かるほかなりません。 












 


 



Copyright (C) 2021 一般社団法人 樋口季一郎中将顕彰会 All Rights Reserved.